内部リンクとは?貼る意味を理解できれば収益化できる【初心者向け】

ランド
内部リンクが大事っていうけど、内部リンクってなに?
ふぅら
記事と記事を繋ぐリンクのことだよ。
内部リンクはPVを増やして収益に繋げるために必要なものなんだ!

こんにちは、ふぅらです。

ふぅランドの運営者

ブログを始めて、記事や動画で勉強していると出てくる「内部リンク」というワード。

貼り方は分かっていてもどんな意味があるのかハッキリと分かりませんよね。

なので今回は、内部リンクについて詳しく解説していきます。

この記事を読むと

  • 内部リンクってなに?
  • 内部リンクを貼る意味は?
  • 実際に内部リンクを貼るとどうなるの?

この記事ではこんな悩みを解決します。

内部リンクとは?

内部リンクとは?

内部リンクとは、簡単に言うと記事と記事を繋ぐリンクのことです。

ブログ設計の段階で下記の図のようなブログ構造にしましたよね。

「メイン収益記事」

__________
|  |  |
「サブ収益記事3つ」
↑  ↑  ↑
「各サブ収益記事への集客記事を沢山」

※繋がれた線は内部リンク

読者を集客記事から収益記事に誘導するための導線なので、ブログ記事には必須のものなのです。

POINT

内部リンクが無い場合、その記事だけが読まれて離脱される。

内部リンクを貼る2つの意味

内部リンクを貼る2つの意味

内部リンクが何なのかを理解したところで、次は内部リンクを貼る意味を覚えましょう。

内部リンクを貼る意味

  • PV(ページビュー)を増やす
  • 滞在時間を延ばしてSEO評価アップ

内部リンクを貼る意味はこんな感じです。

1つずつ解説しますね。

PV(ページビュー)を増やす

内部リンクを適切な場所へ貼ると、読者の回遊率が上がりPVが増えますよね。

PVが増えることにより、広告のCTR(クリック率)とCVR(成約率)が上がって収益にも繋がるんですよ。

「収益記事→集客記事」という内部リンクの貼り方は基本的にしないので、収益化が目標の人は必ず内部リンクを貼っておきましょう。

POINT

とはいえ、ブログで広告収入を得るにはセールスライティングが使えないと難しい。

滞在時間を伸ばしてSEO評価アップ

内部リンクを貼ることで、読者の回遊率を上げPVを増やせば、もちろん滞在時間も延びてますよね。

ブログの滞在時間が長ければGoogleが「需要のある記事」という判断をしてくれるので、SEO評価が高くなりますよ。

SEO評価を上げて検索順位を高くする​ことや、収益化すること​ブログの最大の目的なので、内部リンクは必須だということがわかりましたね。

内部リンクは収益の要(かなめ)

内部リンクは収益の要(かなめ)

上記でわかった通り、内部リンクは収益の要なんですよね。

もしあなたのブログ記事に内部リンクを貼ってなかった場合、収益化できないので注意です。

ふぅら
ここからは内部リンクが無かったらどうなるかを解説するね!

内部リンクが無かった場合

ブログ記事に内部リンクが無かった場合、収益化することは出来ないと言っても過言ではありません。

例えば、「上腕二頭筋の鍛え方」という記事を書いたとしましょう。

その記事は「鍛え方」だけが書いてあるので、物は売れませんよね。

しかし、上腕二頭筋に効くプロテインを紹介した記事に内部リンクで流した場合、収益に繋がりますね。

ここでのポイントは下記の3つ。

POINT

  • 悩み解決キーワードは集客記事
  • 悩みを解決した後に一言「こんな物があるよ」と訴求して、その商品の解説をしたのが収益記事
  • 「集客記事→収益記事」の内部リンクが無ければ収益化はほぼ不可能
  • まとめ:内部リンクはブログで稼ぐために必要不可欠な存在!

    まとめ:内部リンクはブログで稼ぐために必要不可欠な存在!
    ランド
    内部リンクを甘く見てたけど、すごく大事なんだね!
    ふぅら
    ブログで稼ぐ仕組みだからね、絶対に覚えておこう!

    内部リンクはブログで稼ぐための仕組みに含まれる物なので、必ず貼っておきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です